卵子提供ってどんな人が行うの?

卵子提供プログラムの対象となる人について


卵子提供は、婦人科系の病気により卵巣の働きが弱くなっている人や、生まれつき卵子を作る機能がない人などにとって、効果が期待できる不妊治療の方法のひとつです。特に、全国の不妊治療を専門とするクリニックで受け付けが行われている卵子提供プログラムは、年齢や健康状態、出産経験などの厳しい条件がありますが、優秀な医師のいる病院で治療を始める夫婦が徐々に増えています。そこで、卵子提供プログラムの成功率にこだわって医療機関を選ぶにあたり、過去の成功実績や、実際に治療を受けた患者の体験談を参考にすることがおすすめです。また、卵子提供プログラムの準備をするためには、数か月以上の時間が掛かるため、主治医やソーシャルワーカーなどからサポートを受けることが大切です。

卵子提供プログラムの際に掛かる費用を調べよう


卵子提供プログラムは、数ある不妊治療の中でも高度な専門性が求められることから、婦人科の専門医のいるクリニックで治療を希望することが大切です。最近では、国や自治体による不妊治療の助成制度の拡充が行われていますが、卵子影響プログラムを全て終えるまでには、百万円程度の自己負担金が必要となるため、余裕を持って資金集めを始めましょう。また、卵子提供プログラムの助成の対象となる費用については、患者にとって把握しにくいことがあるため、不妊治療のサポートを専門とする公的機関に相談をすることが大事です。なお、卵子提供プログラムの費用を最小限に抑えたい場合には、入院期間の長さや医師の経歴などに注目をしながら通院先を選ぶと良いでしょう。