卵子提供を行うための費用はどのくらい?

国によって費用は異なる


「妊活」という言葉が浸透するにつれ、妊活の方法もかなり知れ渡るようになりました。妊活のひとつの方法として「卵子提供」が挙げられます。その名の通り、ドナーから卵子を提供してもらい体外受精し、妊娠を成立させるのです。卵子提供を受けるときにかかる費用は、およそ150万円とも言われています。しかし、卵子提供プログラムは国内ではなく、現在は海外で多く取り入れられています。卵子提供のために海外へ渡るカップルも少なくありません。主に台湾、インド、アメリカで卵子提供を受ける方が多いですが、国によって費用は大きく異なるのです。台湾では100万円ほどからとも言われており、アメリカでは500万円にまで費用が跳ね上がると言われています。

国内では卵子提供はできないの?


もちろん日本でも卵子提供を受けることは可能です。そのためには専門の機関に登録し、書類審査をパスする必要があります。カップルの年齢から、体外受精を何度行ったか、自身の卵子では妊娠の確率がどれだけ低いかなど、書類審査をパスするだけでもおよそ1年は待たなければいけません。その後もカウンセリングや体外受精を受けるたびに費用が発生します。カウンセリングだけでも100万円、体外受精を加えると、150万円ほどかかると言われています。加齢が原因での不妊では、国内では卵子提供は受けられません。そのために海外へ渡航するカップルが多くなります。卵子提供は病院や渡航先によってかなり費用が上下します。しっかり調べて準備をすることがおすすめです。